モフン系アメリカンアキタと猫と自閉症。気ままなシアトルライフ。



   
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 2018 >>
プロフィール

KAY

Author:KAY
シアトル(よりもちょっと田舎)に住みだし気がつけば7年目。
家族と秋田犬BEARと猫ワサビ、ジャコとスチューイの気ままにシアトルの自然を満喫中。
犬に猫に娘に、写真に、自然豊かなPNWを満喫中。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
秋田犬ブログ
最新記事
最新コメント
参加しております。
秋田犬ブログランキング
ぽちっとおねがいします。
カテゴリ
フリーエリア
涼しげに花が流れる落花流水ブログパーツ
検索フォーム
RSSリンクの表示


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

猫注射

   
さて。今日は黒猫の注射。
狂犬病とその他もろもろ。+テープワームが居たので猫3匹分のお薬(ノミ、ノミの幼虫、卵、体内に入るテープワーム、フィラリアの薬)。
しめて約1万3千円。
安いのか、高いのか。
うちの黒猫の去勢費用が約500円だったので…
まぁ何も言えません。笑
今日明日は嫌われる予定のクマ母です。
ワクチンの副作用もなく普通に過ごしています
よ。


嫌い光線発信中。





順番を待っていると、同じく順番待ちのご家族が。
ドーベルマン、バセットハウンド、シーズー2匹。
綺麗なベージュのドーベルマンなので「珍しいね…」と話したら、繁殖用に飼い殺されるところをレスキューされたとのこと。色がスタンダードではない、というだけで虐待一歩手前だったとのこと。バセットハウンドは、前オーナーが「よくカーペットに漏らす」というだけで血統書付きの子犬を処分するところを救ったと。(病院で確認したら膀胱炎で薬ですぐに治ったそうです。)
シーズーも似たような話だそうです。ご家族のお母さんは元獣医助手だそうで、気がつけば4匹いたと…
なんだかなーと。
いい家族を見つけた4匹にはハッピーエンドだけどやるせないなって。






スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://bearinseattle.blog.fc2.com/tb.php/1182-66257a28
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。