FC2ブログ

傾向と・・・その他。

昨日の記事を書くにあたりランキング等を見ていた所、ふと面白い違いに気がついたのでちょっとご紹介。


JKCAKCの2011年人気(登録)ランキング。(クリックで該当ページへジャンプします)

AKC、不動の一位はラブラドールレトリーバーですね。
ま、相変わらずの大人気!2001年から連続1位のようですよ。
JKC、1位はプードル。大きさ関係なくの「プードル」ですが、内訳を見るとやはり「トイ」プードルが圧倒ですね。
そして忘れちゃいけない、我らが秋田犬。
AKC51位。比べて、JKC42 

詳しくは分かりませんが「純血種」と言う事で。秋保もJKC登録ってするんでしょうかねぇ・・・
登録してない事もあるだろうし・・・まぁ秋田犬。
劇的に人気に成る事も、不人気になる事もなく、根強い人気と言う所でしょうか?
「流行に流されないもんね〜」とうちの熊を見ながら思いました。笑

両サイトの比較を見ると分かると思うのですが、AKCは上位に中・大型犬が多く、反対にJKCでは小型犬が多いですね。ACK1位のラブがJKCでは12位で登場。

まぁ、生活環境や住宅事情を考えれば当然とも言える様なランキングですね。

ランキング云々よりも、大事なのは
飼い主が責任を持って飼う事。
いぜん、「ここが変だよ・・・」で書いたかもしれませんが、
犬を飼う事は「ファッション」や「ステータス」ではありません。
メディアで露出の多くなる犬種はやはり人気が出ます。けれども、メディアの露出は犬の飼育期間に比べればほんの一瞬です。その一瞬の煽りを受けて「可愛いから」「人気だから」「流行だから」と言う理由で飼育をはじめ、現実と向き合い幻滅し、「人気犬種ではなくなったから」という理不尽な理由で保健所に持ち込み「処分」をお願いすると言う事も多々あると聞きます。
また、「人気犬種」と言う事で、無謀な「繁殖」を繰り返し犬種そのものの価値を下げると言う、何とも情けない話を良く聞きます。
そして悲しい事に、日本では「ペットショップ」が存在します。生体販売の事です。
一概に悪いとは言いきれませんが、「本当」に犬が欲しいのであれば、繁殖家(ブリーダーさん)を探すくらい手間のかからない事だと私は思います。

しまった!!
ランキングからまた話が流れちゃいましたよ!!

でもね、人気犬種とかそんな事よりも・・・
愛情を持って、責任を持って、良い事も悪い事も一緒にまとめて飼うってことが、犬にとっても飼い主にとっても幸せなんじゃないかなって。





にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

NoTitle

ふむふむ ごもっともです。でも流行をすごく追い続けるのは、日本の
文化で。。。。でも一方古いものを愛する われら秋田犬ラバー!!!
笑 賃貸物件とかでも6キロ以下?とかわけのわからないこと書いてあったり!!笑 秋田の仔犬もだめじゃん!!みたいな。。
。。その点秋田犬ラバーたちは、やはり覚悟を決めて飼育するかたが
ほとんどだから。。。 子供を養子にとる覚悟でうちのコウスケも気難しいブリーダーさんから購入させていただきました。。笑

2012/06/07 (Thu) 22:44 | kunkun74 #- | URL | 編集
kunkun74 さんへ。

秋田犬ラバー♡ 響きが良いですよ!

ま、日本の「流行」を追い続ける精神は脱帽物ですよね。
本当に、すごいなと・・・他人事のように考えております。

確かに、動物を飼うって「養子に迎え入れる」のと同じ覚悟ですよ。
我家では、ワサビは長男。次男はジャコ。三男はベアー。長女が娘。そんな序列です。
ブリーダーさんも大事にしている娘犬から産まれた子ですから「養子縁組」位の覚悟がない方には・・・


ぷぷぷっ。6㌔以下って・・・犬をなんだと思ってるんでしょうねぇ。笑
あ、コウスケ君どのくらいの頻度でグルーミングにいかれてますか?

2012/06/07 (Thu) 23:01 | KAY #- | URL | 編集
NoTitle

そちらには、ペットショップってないんですか???
知らなかったぁ。

ファッションとかで飼う人は本当信じられません。
昔動物のお医者さんって漫画が流行った時
シベリアンハスキーが流行ったけど、大きくなるし結構おバカなので飼いづらいのか、捨てる人が増えたとか・・・。
そういうの無くなるといいなぁ。

秋田も一部の保存会の人が展覧会でショーを取れない人がそのまま保健所へ連れていくとことがあるとか・・・。
で、保健所も秋田は大きいし、主人以外なつかないから滅多に引き出しできないとかいう話を聞きました。

なんかそういうのって本当悲しすぎます。

長くなっちゃったけど、本当大事に飼える人だけが飼える世の中になるといいなぁと思いました^^

2012/06/08 (Fri) 02:22 | 佳奈 #sheKOnpw | URL | 編集
佳奈さんへ。長いですよ〜

「ペットショップ」は存在しますよ。書き方が悪かったですね。
でも、日本の様な販売方法ではないですね。
日本のように、個別にケージに入れて・・・と言うのはとても悪い印象を与えるんです。
魚類、鳥類、げっ歯類などは店頭でも販売されています。
犬猫に関して言えば、私の良くいく「ペットショップ」では月に何度か動物愛護協会の方から「養子縁組」のためにある程度の数の犬猫がお店に持ち込まれ、一定の時間(朝の10時から夕方4時までとか)そこに滞在。
日本のように「XXX犬。血統書付き。¥@@@@@@@」とかの様には売っていません。
それこそ血統書付きが欲しいのであれば多くの秋田ラバー♡が行っているように繁殖家さんからと言うのが、それ以外では愛護協会からの引き取りがアメリカではメジャーな方法ではないかと思います。

旦那(アメリカ人)は日本のペットショップに行き、「この犬達って散歩とか、ソーシャル(お尻ケーション)とかしてんの?」と販売方法にかなりの驚きを見せていました。


もちろん、日本のように生体を販売している「ペットショップ」も存在しますね。(決して、日本の方法が悪いと言う事ではないですよ。)
ここからは私の意見ですが、親犬や、他の犬とのコミュニケーションを図らずにケージに入れている日本のような販売方法はアメリカでは「Puppy mill」を連想させるのではないかなと思います。
国の規模が大きいこともあり、多くの繁殖家がいますがその全ての繁殖家が犬の事を第一に考えて行っているかと言えば残念な事にそうでもないんです。以前日本でもおきたかと思いますが、何処かのケンネルが不必要な繁殖、殺処分でメディアに上った記憶があります。WebでPuppy millを検索すると本当に凄惨な写真や事件が見れると思います。利益ばかり求め、不必要な繁殖、数を増やす事ばかり考え、山手線の様に押し込まれ、し尿にまみれ、妊娠できなくなれば殺され、理想の子犬でなければ殺され。
人道的、動物愛護の観点から見てもおぞましい行動に、アメリカ全土でPuppy millの全廃、撲滅、Puppy millからの動物を買わない。そのような風潮があるのが事実です。
私達、飼い主は消費者の観点で言えば末端です。末端消費者が買い物をしなければその上(ペットショップ)は商品を購入する必要は無くなりますよね。そうして、地道でも道を廃絶していくしかないのかもしれません。

ただ、日本と違いアメリカには明確に「動物虐待」に対する法律があるので、「ウヤムヤ」にごまかされる事がないので、ほんの少しですが報われるかな・・・と思うのですよ。
長くなってごめんなさい。

2012/06/08 (Fri) 08:04 | KAY #- | URL | 編集
NoTitle

こういう文化の違いには本当ビックリ。
しかもすごい勉強になるから見ていておもしろいです。長くても大丈夫です^^

その動物虐待の法律を日本もきちんと作っていったらいいのになぁと思いました。

2012/06/09 (Sat) 03:37 | 佳奈 #sheKOnpw | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する