FC2ブログ

サービスドッグ。

ペットと言うか・・・家族と言うか。
サービスドッグというか・・・愛玩犬と言うか。
家庭で一緒に暮らしている人にしてみれば、なんの違いが有る訳じゃないんですよね。
サービスドッグと言えば、我家の熊やんも「私仕様」のサービスドッグです!

9月ももうすぐ終わりですが・・・

9月は自殺防止月間でもありますが、同じく・・・
「National Service Dog Month」でも有ります。
盲導犬、介助犬をはじめ、警察犬、軍用犬に日頃の感謝!そんな月間でもあります。(アメリカだけかな?)

日本ではどうかわからいないのですが、アメリカでは介助犬(介助犬候補)を割と頻繁に目にします。
ピーナッツに反応する「ピーナッツアレルギー対応」のできる犬。特定の害虫(アレルギーを誘発する恐れのある害虫ですね)にのみ反応するようにトレーニングを受けた犬。。ちなみに、ピーナッツに反応する犬は、空気中にあるピーナッツの匂いにも反応して飼い主さんに教えるそうですよ。

私の身の回りでは、重度の自閉症と食物アレルギー、他にも合併症のあるお嬢さんが介助犬と一緒に生活しています。
その介助犬の役割はセラピーを含み、ストレスの発散、自傷防止・抑制、歩行・生活サポートと多岐にわたるものです。もちろん、専門の方が来て、そのお嬢さんに合った、お嬢さんが必要とする技能を学んだそうです。

が!!

その現介助犬。
保健所出身です。
経緯は知りませんが保健所に収容され、殺処分のない場所とはいえ暫くは保健所の住人だったそうです。
見た目はチョコレートラブラドールのようですが、「血統書付き」ではない「雑種」。
現在は毎日、のんびりと、しっかりと家庭犬と介助犬のお仕事を両立しているそうです。

世間には、「介助犬」を紹介、販売するという詐欺も有ります。
最近ではイリノイ州にある非営利団体が実は詐欺だったという、なんとも世の中を馬鹿にした事件も有りました。
(興味の有る方は調べてみてください。"Animals for Autism")


この間、出会う事のできが警察犬をはじめ、軍の基地にいくと良く見かける軍用犬。空港でみる、麻薬探査犬。盲導犬や介助犬。
いつもありがとう。






にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する